FC2ブログ
尾道でのお店のこと、ハンドメイドで作るバッグのブログです。日々のイロイロを綴ります。
接着芯のこと・・・
1 5647 1 5653
1 5659 1 5663 1 5669
さきほど出品しました^^・・・やっと♪
今回は対照的な色合いの2点のバッグです。
ブラックリネンは、サラサラとした手触りで、
黒い色の割りに、涼しげな雰囲気の生地です。
リバティ「ミリー」の白や、サークルレース、刺繍糸の白を、
さり気なく使って、これからの季節にもしっかりと対応してくれると思います。

フロックスパープルは見ての通り、説明はいらない、
ホントに春らしい優しい色合いです。
当初は、少し小さめのトートバッグにする予定でしたが、
裁断の際、サイズを大幅に勘違いしてしまったので(^^;)
急遽、ショルダーに変更しました・・・
ショルダーの皮テープ、こげ茶を使うことが多かったのですが、
今回は茶色を使用しています。
たったコレだけのことで、全体が優しい雰囲気になりますね。
ショルダーの長さも微妙に、ざっくりと肩に掛けて、
可愛らしくなるように気を使って仕上げてみました^^

3月12日(木)終了日まで、たくさんの方にご覧いただけますように・・・

今日は、接着芯の事で質問をいただきましたので、
ちょこっと私流を書いてみますね!
(たいした私流ではないですが。。。)

接着芯は常に5種類くらい準備しています。
伸びの無いバッグ用接着芯、2種類、(ハードなものと、ソフトなもの)
普通の服地用?を厚目、中厚、薄目を3種類です。
作る物にもよりますが、かっちりした自立するバッグには、
だいたい3種類、
バッグ用のものは重量もそこそこありますので、
外布、内布両方につかうと重くなるために、
わたしは外には服地用の厚目、内布にバッグ用ハードを使います。
内布にバッグ用を使う方が仕上がりが綺麗です。

外側は、リネンとリバティと合わせてパッチする場合、
合わせる生地の厚さ(薄さ)によって、
全ての生地の厚みがほぼ同じくらいになるように、
ここでも2種類の厚さのものを使い分けています。
パッチも接着芯を貼ることで綺麗にミシン掛けできますよ!
そして、外側とは言っても、ショルダー紐を取り付ける部分は、
カシメの穴の所を補強する意味でも、
上部のみバッグ用の伸びない芯を使ったりしています。

くったりバッグとしているバッグでは、
内布にバッグ用ソフトタイプを使い、
カシメを留める上部には、表にもバッグ用ソフトを使います。

その他、ポーチ等には、服地用の3種類を、
部分部分で使い分けていますよ!

接着芯の使い方で、仕上がりが全然違ってくるので、
とっても重要ですよね!
素人が、これまでの経験上で語っているだけですので、
間違いも有るかもしれませんが~
私流を書いてみました。

ランキングに参加しています♪
 お帰りの際に、ポチッと1票お願いします*^^*   

Posted by kulala
comment:6  
[ハンドメイド
| HOME |